スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛おしさ

mamemochi.jpg


夫 長男 ともに忙しい日が続いた最終日
長男の誕生日。
いろんなことに挑戦するようになったよね
赤ちゃんの時はあんなだったんよ
(長男や次男が)生まれてきれくれたおかげで 
お母さんたちはこんなにいろんな人に巡り合って
自分だけだったら避けてしないこともするようになったんだよ
おじいちゃんおばあちゃんが毎年ケーキを焼いてきて
一緒にお祝いしてもらえるって
みんなが元気でこんなに美味しいもの食べられるって幸せだね





最高の感慨にふけって乾杯をした
翌日から


長男希望の日頃食べない内容 量の
暴飲暴食が疲れにトドメをさしたか
温泉でウィルスをもらったのか
二人とも翌日から5日間の腹痛。
打って変わっての 
おかゆと梅干の5日間。



ようやく二人とも治ったこの週末は
夫の実家で餅つき。
特別でなく年に何度もある家事の一つ。
昨年義母が採って湯がき 冷凍していた
よもぎたっぷりの メノウのようなよもぎ餅に
青のりと塩ベースに
焙烙(ほうろく)でゆっくりと炒った黒豆の餅。


焙烙なんて道具は結婚して初めて知ったものだけど
義母は畑で育てた「ダラ茶」を天日に干し
生乾きのところを手でもみ
代々引き継がれてきたらしいこの焙烙で
30分かけて こがさないように煎る。
未だ現役で仕事をしながら 畑仕事をしながら
天気の良い連休に3日がかりでお茶を作る。


食べ物に気をつけている友達に
「い~いとこに嫁に行ったね~!!」
と珍しいところで感心されたけど
本当にそうだと思う。


私の両親と祖母たちの間の世代で
田舎の昔のままの 
手間を惜しまない生活を続けている人なので
私にとって 義母は姑でありながら
唯一田舎らしい田舎に住む
もう一人のやさしいおばあちゃんのような存在だ。


趣があるわけではなく 雑然としているけれど
古い家で 屋根続きの土間と離れの部屋の寒いところで
餅つきするのが 懐かしい感じが良い。
もちっこ3回分のお餅を
義母と私 長男 次男で丸める。
やいやい騒がしかったり
一仕事済んで 子どもが去った後は
嵐の後の静けさですねって言いながら
二人でとりとめのないことを話したり
気を使うことなく 自分の中に浸っていたり。
結婚した当初は 
子どもの時に 祖母 母 姉と餅つきしたのを懐かしく思っていたけど
今はここでの餅つきが自然になった。


食べ物を大切にする生活は時間がかかる。
それこそ女二人は食べている時以外
ゆっくり座っている間もないほど。
それでも
少し固まりかけた黒豆餅を
静かに切りながら 
一つ一つの豆模様に
ひとりほくそ笑む
この時間の愛おしさ。


なんていう愛おしい今だろう。
儚く静かに消えてしまいそうに思える尊さ。


少し疲れやすく
うたた寝が早くなった義母。
少しでも長く元気でいてほしい。





スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Piselli(ピセッリ)

Author:Piselli(ピセッリ)
Piselli LEATHER WORKS


Piselli ホームページ
https://piselli-hiroshima.jimdo.com/

 
『しっとり くったり
 手のひらに ごほうび』


わたしサイズ わたし仕様の
心地よいものと ゆっくり暮らす

そんな暮らしに寄り添う
手縫いのヌメ革製品を
お届けしています


既成書体の文字から
直筆の文字や絵 ロゴまで
どのようなデザインも
独自の刻印技術により
刻印することができ
贈り物や記念に喜ばれています


---


現在のお取扱店さま

used select shop RiCKLE! さま
(委託商品・オーダー受付・サンプル)

zakka koppe さま
(委託商品)


---

ご注文について

打ち合わせにて お客さまのご希望のイメージ サイズ 機能などをお伺いして デザインいたします。
作りやステッチの量 染めの有無などによって 価格が変わりますので その都度お見積りいたします。
オーダーの流れについてはこちらをご覧ください

名刺入れ 10,000円~
長財布 35,000円~

---

商品やご注文についてのお問い合わせは 下記メールフォームよりお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。