≫2014年05月

クロッキーに表れるもの

IMG_1243.jpg


emmanuelle / 2013 越川道江さん


近々またフランスにクロッキーと美術館探訪の旅に出られる
画家 越川さんにいただいたポストカード。
モデル女性の ブルーの瞳があまりにもきれいで
クロッキーの後 名前を訊ねたところ
ご本人がスケッチブックに名前を書き入れてくれたそうで
絵と直筆の文字とがこんなにも溶け合っていて
お二人の感性が出会った時の喜びを感じました。



越川さんのクロッキーとの出会いは10数年前。
作品を購入させていただくとともに
自分の表現したものを誰かに届ける行為に
私が憧れるきっかけとなったのでした。
好きが高じて 名刺やHPを飾る絵は越川さんにと考えてきました。
もうじき こちらでも名刺をご紹介できようかと思います。


去年から何度も打ち合わせでお話させていただく中で
クロッキーには シンプルゆえに
その人となりが出るんだなと改めて感じました。
母と同世代の博識な方ながら 時に子どものような
私もこんなふうに年を重ねたいと思う
とても澄んだ 瑞々しい感動にあふれている方。


単にデザインがどうのという話ではなく
見たままではなく感じたことを大事に
絵を描きながら自分に向き合ったり
常に新しい気付きや人との出会いがあり
描くことが生きることの愛おしさにつながっている。
そして そういう思いを 
素直に じっくりと丁寧に言葉になさる。


ここ数年 そういった思いが私の中にも芽生えていて
生き方 食べ方 暮らし方への関心だったり
自分を大切に生きることで
周りの人を大切にでき
会いたい人に出会えるという気付きがあったり
その先に 
よく見せたいという自己主張の飾りや無駄を削ぎ落した
作品を発表できたら・・・という点で
非常に強く共感でき
この出会いは 知らず知らずのうちに
手繰り寄せていたもののような気がしました。
最近本当に会いたい人 会いたい情報に
驚くほど自然に巡りあえていると思うのです。


そんなご縁でこの度
越川さんにご依頼いただいた Envelope mini。
大きめのカードも入るように
通常より一回り大きくして
越川さんにとてもしっくりするオリーブ色のシュリンクレザーに
これまで私が拝見してきた
ヨーロッパの街角の煉瓦や苔むした石畳
スウィーツのクロッキーからイメージして
糸をブレンド 散りばめました。

IMG_15861 - コピー


IMG_1592 - コピー


IMG_1588.jpg


海外滞在中の日記はスケッチブックへのクロッキーで
マルシェの野菜に スウィーツ お花・・・
本当に見ていてたまらない素敵なものでした!


越川さん とても深い交流をさせていただくことができ
本当にうれしかったです!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


------------------------

しっとり くったり 手のひらに ごほうび


Piselli  LEATHER  WORKS   
スポンサーサイト

Sora Design さま

10346657_555263317927832_5966509745079207776_n.jpg


RiCKLE!さまからのご縁で
北欧インテリア ヴィンテージ家具などをお取り扱いの
Sora Design さまに マカロンメジャーをご依頼いただきました。

インテリア関係の方は金物メジャー というイメージでいたのですが
無垢の家具を採寸する際 素材を傷つけず
正確に測れるメジャーが良いということで選んでくださったそうで 
お喜びいただけてとても安心しました!
ご縁に感謝。
どうもありがとうございました。


IMG_1659.jpg


納品で初めてお店(堺町)にお伺いしたのですが
お忙しい中にも関わらず 
代表の楠さまに じっくりとデザイナー家具から
手がけられている住宅デザイン リノベーションに関わるお話を
お伺いすることができました。
 

北欧チェアを中心に 高額な名品にも 実際に座ったり触れられることを大切に
デザイナー家具にある哲学や 
上質なデザインが生活を豊かにしてくれること 
ひいてはそれがエコにつながっていることを発信されていることで
あらゆるインテリアショップを巡った末に
いらっしゃるお客さまやマニアの方が多いそう。
丁寧な息遣いを感じる店内は 美術館のようでした。
名品もさることながら
楠さんの使われる言葉の美しさにとても感銘を受けました。


10337721_555264214594409_6180406860196618969_n.jpg


10363225_555263587927805_6792407831093774909_n.jpg


生まれ育ってきた広島で
特に若い世代の人に 良い物を知ってもらえるよう
発信されているとのこと。


何を選ぶかは自由。
けれどデザインが心を豊かにしてくれ
少しずつ大事に手に入れるという選択肢があることを
若いうちから知ることができたら
そういう感覚の人が増えたら
きっと人生は 広島は豊かになるだろうな。

------------------------

しっとり くったり 手のひらに ごほうび


Piselli  LEATHER  WORKS   

日本人の感性にふれるもの

IMG_1638.jpg


フェイスブックのおかげで
小学校の同級生につながり
彼は一級建築士に。
私はこうして革ものづくり。
お互いの近況に興味津々で
奥さまの誕生日プレゼントに革のものをと
声をかけてくれたことから
10数年ぶりに再会できることになりました。


昔からとても人当たりよく
話好きな友達だったけれど
本当に久しぶりに会ったとは思えないくらい
現在の仕事 ものづくり デザインについて
話が尽きないこと!
初めて聞く専門分野の新鮮な話の中にも
扱うものの規模や形は大きく違っても
同じ年回りの中 感じていること
目指しているところに強く共感でき 
このタイミングで出会えたことが 
とてもうれしかったです。


そんな友達からのご依頼は
同じ設計 インテリアデザインのお仕事をなさっている奥さまの 
製図に必要な筆記用具類を入れる新しい筆巻き。
既成品のペン差しが5つくらいある巻き型のレザーペンケースで
常に中に入っているのは
三角スケール1本
消しゴム
スケッチ用の万年筆1本
マーカー 3本
3色ボールペン1本
ペン1本


今困っていることは
三角スケールがペンケースの長さに収まりきらず
消しゴムも入れ場がないということ。
例えば今と同じような革でスケールが収まるサイズで
作るくらいのことなら
既成品を買えばいいだけの話。
それよりは 一つ新しいアクションを導くものだったり
欧米のデザインが主流の革のものだからといって
和の要素が入ってもかっこいいものだってできると思う。
たとえば家の中に畳や障子なんかがあるだけで 
ホッとするように
日本人だからこその感性にふれる「和」のものを入れてほしい。


ということで
留め具または「結び」という小さなサイン程度に主張は留め
他にない素材の良さをそのまま活かして
「つつむ」「くるむ」という丁寧な所作に
和を感じられる 風呂敷や袱紗のようなデザインをご提案。


悲しいことにずっと大好きで扱ってきた
Hitsuji-Bukuroシリーズの赤ちゃん肌のような
羊革が廃盤となってしまったのですが
この度 最後のその革を使ってご用意しました。


紐はヌメと 苔色のようなむら染めの二種類をご用意。
端っこに 小さなあわじ玉結び。
「結び」ってお守り おみくじなどにもよく見かけますが
「産霊 むすび」と言って
昔から「天地万物を生み出す」という意味合いがかけてあるんですね。
その結び方もいろいろ。


予め巻きやすいようにやわらかく形をつけて。
旦那さん直筆のお名前を刻印。
中のものを束のようにまとめて丸く包むことも
並べて 平面的に畳んだり。
何かが少し増えても減っても大丈夫。


klumA2.jpg


同じ「意匠」の人ながら
お互いに得意とする分野がちょうどよく違い
絶妙に補完しあえるという
本当に話を聞けば聞くほど
心地よい空気感の素敵なご夫婦。


お二人のこれからのご活躍
夢の叶う日を私も楽しみに
これからも感性を磨いて頑張っていこうと思います。
どうもありがとうございました!


------------------------

しっとり くったり 手のひらに ごほうび


Piselli  LEATHER  WORKS

ダンディ

IMG_17001.jpg


よく知っているお友達から 旦那さまへのお祝いにと
コインケースをご依頼いただきました。
身近な方への贈り物
とてもうれしく また緊張を感じつつ
作らせていただきました。


手縫いでありながら
ステッチでクラフト感が出すぎないもの。
私もそういったものが好きなのですが
ご要望をいただくことは多いです。


今回も極力ステッチが全面に出すぎない
どちらかというとフォーマルなものにするため
定番のボックスコインケースとは
縫い代の取り方 ステッチの出し方を変えました。
小さくても 随分印象が変わります。
ご要望でフタも浅めで。

IMG_17041.jpg

少し光沢のあるシボのない
ブラック オイルレザー。
かっこいいです。
奥様のお見立ての通りで
硬派で ダンディな旦那さんにお似合いのものになりました。
光栄なお声かけいただき
どうもありがとうございました。


------------------------

しっとり くったり 手のひらに ごほうび


Piselli  LEATHER  WORKS



L字ファスナーのお財布

IMG_1342.jpg

RiCKLE!さまで
yaemomoやEnvelope M+を気に入ってご注文くださった方々の
ご紹介から L字ファスナーのお財布をご注文いただきました。
サドルレザーで カードが沢山入れられて
小銭やカードなど中の物が外の革の形にひびかないもの
というご要望。


当初Envelopeをベースに作っていて
お客さまイメージの「直方体」な仕上がりとは
感じがまるで違ってしまい
改めてお時間をいただき
1から新しいものをご用意させていただきました。
本当に長らくお待たせしてしまい
お客さまには申し訳ありませんでした。
最終的に ご要望どおりのものを納品し
「大切に使わせていただきます!」と
喜んでいただけて 本当に安心しました。
ご迷惑をお掛けしてしまいましたが
ご依頼いただけたことに心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


実は新しく作りなおしたものの写真を撮り忘れており・・・
こちらで紹介するのは最初に作ったものの画像ですが
参考までに掲載させていただきます。

IMG_1346.jpg

IMG_1345.jpg


画像のものはカード12枚分の両面カードスリットを
取り外したり 向きを変えたり 他の部分に移動したりができる
可動のタイプですが
特に可動の必要がないとのこと。
全体を大きく4つのセクションに分け
両面カードスリットもマチに固定をして仕上げました。


全体としてはファスナーもステッチもベージュの同系色で
作りも色も 飽きなく使えるベーシックなもの。
スリット内のみ翡翠色。


ご紹介くださったお二方にも
感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも お一人お一人に
充分ご満足いただけるよう
研鑽を重ねて参ります。


今後とも どうぞよろしくお願いいたします。

------------------------

しっとり くったり 手のひらに ごほうび


Piselli  LEATHER  WORKS


5月

IMG_12081.jpg


毎年夫が休みでいてくれる誕生日に始まり 連休と
私の5月は 新緑 花々 ここち良い風と空
自然と同じエネルギーと喜びに包まれています。


楽しかったことのメモとして


現代美術館でのアトリエ・ワン マイクロ・パブリックスペース展
IMG_1053.jpg

IMG_1064.jpg

南阿蘇鉄道
IMG_10721.jpg

根子岳がかっこよくて
IMG_1107.jpg

IMG_1119.jpg

念願の乳搾り
IMG_1125.jpg

釣りたての関サバ関アジ
伊勢海老が美味しかったけど 一番びっくりだったのはクロメのお味噌汁
IMG_1131.jpg

鉄輪温泉 共同浴場
地元の方の入浴姿が 沐浴の儀式のようで 神聖な場
IMG_1134.jpg

次回はぜひ蒸し湯に!
IMG_1135.jpg

地獄蒸し 地獄に恩恵を受ける町
IMG_1153.jpg

IMG_1143.jpg

絶対美味しいと見込んだテオ・ムラタ 当たり。
売り場 パッケージデザイン 材料にこの会社のフィロソフィーを感じられる。
次回は山荘 無量塔(むらた)も訪ねたい。
IMG_1164.jpg

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Piselli(ピセッリ)

Author:Piselli(ピセッリ)
Piselli LEATHER WORKS


Piselli ホームページ
https://piselli-hiroshima.jimdo.com/

 
『しっとり くったり
 手のひらに ごほうび』


わたしサイズ わたし仕様の
心地よいものと ゆっくり暮らす

そんな暮らしに寄り添う
手縫いのヌメ革製品を
お届けしています


既成書体の文字から
直筆の文字や絵 ロゴまで
どのようなデザインも
独自の刻印技術により
刻印することができ
贈り物や記念に喜ばれています


---


現在のお取扱店さま

used select shop RiCKLE! さま
(委託商品・オーダー受付・サンプル)

zakka koppe さま
(委託商品)


---

ご注文について

打ち合わせにて お客さまのご希望のイメージ サイズ 機能などをお伺いして デザインいたします。
作りやステッチの量 染めの有無などによって 価格が変わりますので その都度お見積りいたします。
オーダーの流れについてはこちらをご覧ください

名刺入れ 10,000円~
長財布 35,000円~

---

商品やご注文についてのお問い合わせは 下記メールフォームよりお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック