≫2013年05月

少し早い母の日に

IMG_0727.jpg


帰省の際 早めの母の日のプレゼントに。
身内に不幸があったけれど
こんなときだからこそ
気持ちの明るくなるものを贈りたい とのことで
yaemomoシリーズのブローチのオーダーをいただいておりました。
一つ一つの花は普段のピアスのものより一回り大きいもの。
全体の直径は8cm弱。


大きな華やかな会で理事を務めておられ
お出かけ 人前に立たれることの多いお母さまに似合う
今満開のツツジのような色味に染め
糸は馴染むライトパープルのシニュー糸で。
非常に 可愛い色味でした。


早速に 
(お母さまは)革のアクセサリーは初めてでもあり
想像以上に喜んでくれて本当に良かったとの
お話を伺えて
私もとてもうれしかったです。
お母さまに似合われる色味 用途 サイズ シュチュエーション
今の気持ち・‥
よくご存じだからこそ 
素敵なプレゼントになったのだと思います。


大事な方への贈り物にお選びくださり
大切なお手伝いができて光栄でした!
どうもありがとうございました。



------------------------

しっとり くったり 手のひらに ごほうび


Piselli  LEATHER  WORKS





スポンサーサイト

登山熱 ふつふつと

komagane.jpg


GW また一つ年を重ね
家族の旅に出てきました・・・


私たち夫婦
子ども
義母
興味が重なり 向かうは自然の中と温泉。
段々子どもたちも機動力がついてきて
ここ数年遠のいていた山も
一緒に楽しめるようになってきた。


初日は山陽本線と
名古屋からは中央本線。 
ワイドビューしなので松本まで。
その名の通り広々とした車窓に
雪を冠した中央アルプスの山が見える度に興奮。


松本からレンタカーで中央自動車道を南下して駒ヶ根に。
くすんだ広島の空を見慣れた目には
あまりに透き通った青空。
右にはどこまでもこまでも続いていく北アルプス
左には生まれて初めて出会った南アルプス。
3つの3,000m級のひだが集まったこの場所は
やっぱり日本の中心だと思う。


宿泊の「駒ヶ根ビューホテル四季」からロープウェーバス
ロープウェーに乗り換え
2004年夏に登った木曽駒ケ岳の千畳敷カールに。
気温は氷点下。
一面ガチガチになった雪野原で
スノーボードをする人が数人。
夏のアルプスしか知らない私たちにはとても新鮮で
また別の魅力を感じる木曽駒の姿だった。


IMG_0729.jpg



ホテルは
なんといっても立地が良く
エントランスを始め 各所 料理にも
山吹 ハナミズキ ドウダンツツジなど
季節の花が美しい。
お風呂はコンパクトながら 
木曽駒からの渓流 木立 石庭が品良く
料理は量より質の満足度の高さ
ダンディな支配人さんを始め 
行き届いたサービスを感じられる
口コミ通り とても素晴らしいホテルだった。


二日目は長野で義姉親子と合流
善光寺へ。
中尾山温泉 松仙閣泊。
ここもまた口コミを頼りに夫が探した宿で
周りには何もなく 古いけれど
お客さんの多さに納得いく お湯の良さ。
びっくりするほどツルツルする湯。
森下仁丹が考案したという
ぬるめの生薬湯が最高。
料理がまた大岩魚の刺身や
ハーブ地鶏鍋が絶品だった。


3日目
山の師が絶賛していた戸隠山の戸隠神社へ。
天の岩戸伝説の場所で
最近はパワースポットとしても注目されているとか。
10時ごろつくものの神社と忍者屋敷に行く人の車で駐車場は満車。
夫は車を離れられない事態。
その後の予定もあり
とても残念ながら私と次男坊は奥社の長い参道を歩いただけでタイムアップ。
次男坊と義母には遠い遠い道のりだった。
九頭龍社まで上がった長男と義姉親子によると
石段が凍ったままで
つるつる滑って本当に大変だったとか。
しかしゴツゴツした岩稜の戸隠山はとにもかくにも
神々しかった!
気軽に一度で辿りつくことなどできないところがさすが修験道。
いつか夏に1泊して神社 登山のリベンジにと思った。


その後軽井沢に向かう道では黒姫山 妙高山に遭遇。
今回の旅で これまで登った山も
まだ登らぬ山も
全て見渡すことができた中で
妙高山は今回一番惹かれた山!!!!
山は愚か 歩くことすら遠ざかっている私だけれど
強く登山に駆り立てる姿 美しく かっこよかった。
何が残念って
一眼の扱いが悪く 
その素晴らしい姿がうまく撮れていなかったこと・‥
(そして 本家本元の小布施堂を訪ねる時間が無くなったこと)


軽井沢から長野新幹線で東京経由
西船橋の義姉宅へ。
1年ぶりの美犬ベアと再会。
子ども 大喜び。
翌日帰省。


こんなにも毎日天気に恵まれ
全くまじりっけのない澄んだ空気の中
温泉にゆっくり浸かり
美味しいものづくし
睡眠充分すぎて瞼の晴れ上がった贅沢な休暇と
元気な義母に感謝。
また毎日を頑張ろう!
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Piselli(ピセッリ)

Author:Piselli(ピセッリ)
Piselli LEATHER WORKS


Piselli ホームページ
https://piselli-hiroshima.jimdo.com/

 
『しっとり くったり
 手のひらに ごほうび』


わたしサイズ わたし仕様の
心地よいものと ゆっくり暮らす

そんな暮らしに寄り添う
手縫いのヌメ革製品を
お届けしています


既成書体の文字から
直筆の文字や絵 ロゴまで
どのようなデザインも
独自の刻印技術により
刻印することができ
贈り物や記念に喜ばれています


---


現在のお取扱店さま

used select shop RiCKLE! さま
(委託商品・オーダー受付・サンプル)

zakka koppe さま
(委託商品)


---

ご注文について

打ち合わせにて お客さまのご希望のイメージ サイズ 機能などをお伺いして デザインいたします。
作りやステッチの量 染めの有無などによって 価格が変わりますので その都度お見積りいたします。
オーダーの流れについてはこちらをご覧ください

名刺入れ 10,000円~
長財布 35,000円~

---

商品やご注文についてのお問い合わせは 下記メールフォームよりお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック