≫2012年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

zakka koppe

bangles5


安芸郡府中町の zakka koppeさんに
バングルと
ご好評いただいていたyaemomoイヤリング/ピアスとヘアゴムの黒バージョンを
新しく納品しました。


磨き無しでラフな雰囲気の五つ編みバングルには
ロンドンのビンテージ碇ボタン。
先日のワークショップにも使ったので
変えようかとも思ったけれど
やっぱりこれがいい!!
キャメルは軽やか春らしいけど
オレオみたいなチョコレート色も好きです。
どちらもユニセックスな雰囲気で。各3,200yen


---
zakka koppeさんには一昨年秋からお世話になっています。
北欧テイストをベースに
全国の作家さんの作品や
世界の民芸品など 珍しいものをいろいろと扱われています。


店主ハンミちゃん
雑貨屋さんをするのはまさにこういう人という
おしゃれ 流行に敏感
華やか 賑やかな人。(余計…!?)
今日もとてもかわいかった・・・


その対極で 私は作品を作っていながら
『Piselliケース』や『Hitsuji-Bukuro』に目を留めてもらえて
最初に心のこもったご丁寧なメールをいただいたときは
本当にうれしかった!!


編み物作家さんでもあるハンミちゃんは
自身の作品を委託販売してもらった経験が豊富で
作家さんや作品をとても大切にされている。
私は活動しはじめからこんなお店にお世話になることになり
本当に幸せだな~と思う。感謝・・・


しかし。
ただのおしゃれな雑貨店ではない。
マシンガントーカー ハンミちゃんに
ご近所のお友達や お客さんや
影のプロデューサーRちゃんで
一度話し出すと
雑貨屋さんにはありえない えらい活気と笑いの渦に飲み込まれ 
帰るころにはいつも顔面筋肉痛と酸素不足で頭がくらくらになる。


そうしてわいわい言いながらも
そっと来られたり 帰られたりするお客さんにも
絶対に丁寧なお礼の言葉を忘れない


そんな楽しくて 素敵なお店です。
先月2周年を迎えられました。
2周年記念コラボバッグも発売中♪


近々配られる中国新聞の折込情報誌Cue(キュー)に
お店情報を掲載していただくのだそう。
どうぞお見逃しなく!
スポンサーサイト

Piselliケース

Piselli case


安芸郡府中町にある自宅shop zakka koppeさんに
Piselliのロゴモチーフにしている
『Piselliケース』などを納品してきました。
中には12mmまでの印鑑をはじめ
ピル アクセサリー コインなど入れられます。


Rさん長らくお待たせしてしまいましたが
大切な方への贈り物に選んでいただけて
本当に光栄です!
どうもありがとうございました^^


---


そもそも
『Piselli(ピセッリ)』とはイタリア語で「グリーンピース」の意味です


7年前 革の本場であるイタリアを遊学した際
日本ではあまり見かけない造形的な作品に出会い
私もこんな造形技術を備えた作家になりたい
どこにもないもの 
真似できないものを作りたいと思い
初めて商品を意識して作ったものでした。
グリーンピースの莢に似ているので Piselliと命名。


そして
「グリーンピースの莢が大切に実を守り 老いていくように
 私の作品もまた そっと宝物を包んで 時を重ねていけますように」

と願いを込めて
Piselliという名で活動を始めました。

日曜日




変な天気でしたね。


午後 晴れ間が見えて
家族で高台の公園へ。
広々した公園の駐車場で ひとまず私は車の中の整理。


来週でお別れになる車の中を片付けながら
ちっとも「愛車」なんて思わなかったはずのこの車に
いろんな出来事を思い出す。
5年間 小さな子どもを連れて
あちこち連れてってくれた。


決して運転上手ではない私が
仕事でどこでも行けるようになったのは
運転がうまくなったからではなくて
取り回しの良いこの車のおかげだったなとつくづく思う。
つぶしが利いて 本当に無難によく働いてくれる車だった。


たくさんありがとうを言いながら
きれいさっぱり片付いた姿に
ちょっとしんみり。
 

---

最近の家族の週末の楽しみはこれ
Redox Salt Spa original。
先日ご紹介した 美容室 marble
これまたさりげなく置いてあったのが目に留まり 購入したところ
3歳の息子が入って一言目に
「おんせんみたい!」って言ったほど
スプーン2杯分で お湯がとろとろ やわらかくなる不思議な岩塩!
温泉のような硫黄のにおい。
水道水のカルキを完全に除去して超還元水になるらしい。


身体はぽかぽかと暖めて基礎体温を上げてくれるのはもちろん
ミネラルたっぷりのお湯で老廃物を排出 肌はツルツルに。
乾燥肌 にきび アトピー
加齢臭 汗の臭いに悩む人も数日で治ることがあるのだそう。
髪のトリートメント効果も。


無香料 無着色 無防腐のヒマラヤ岩塩。
原始の海の塩が マグマの熱で何億年もかけて結晶化した
貴重で高品質のもの。
自然のエネルギー恐るべし。
温泉ももちろん好きだけど
これで充分に満足できてしまう^^
迷わず2袋目をget。


さらにプレミアムバージョンで
『Redox Salt Spa セレブ』なるものもあるけれど
私以外は男なので ちょっともったいなくて
手を出せずにいる・・・ 


美容室 marble に

『一人ひとり 違った魅力を引き出したい』


というコンセプトの
美容室 marbleさんに
オーダーカタログを置かせていただいています。


9周年を迎えられた 美容室marble。
ぜひ一度お試しください。
(私のブログを見て と言っていただくと
 きっといいことありますよ^^)

美容室 marble 
広島市西区横川町3-12-1 良和ビル2F  MAPTEL 082-233-9302

平日  10~18:30
土日祝 9:30~18:00
木曜日 20時まで
完全予約のみ  


定休日 第1・3日曜日 毎週月曜日
提携駐車場あり



こっから長いですけど よければぜひ↓^^;


見た目のおしゃれを競っている店ではない。(もちろん心地よいかわいい空間です)
でも技術は当然 とても良くて
草木染めやノンケミカル化粧品を扱うなど
髪 頭皮 顔 身体に 根っこから良いことを
押し付けがましくなく提案しているお店。


嘘はいわない。
おせっかいはしない。
聞けば詳しいことを教えてくれる。


「私 顔のしみがすごいんです」って言ったら
「そんなことないですよ^^」なんて言わず
「そうですね」って言ってくれる。


「しみにいいものありますか?」って聞いたら
「こういうのがありますよ。(提案)」


9年間通っていて
革を仕事として始めるまでは
私は自分のことを説明するのがとても苦手だったので
ほとんど自分のことを話すことなく
店長Hさん(女性)のことを 興味のむくまま聞いてみるばかり。
(聞いたら話してくれる上に いちいち面白くて 
 感心しきりの芯が通っている話だから)
それでも
私がいつも雑誌のバッグ特集なんかを好きで眺めていることをご存知で
いつでもそういう雑誌を席に用意していてくれた。


そして 思い立って
「友達とワンデーショップをすることになったんですけど
フライヤー置いていいですか?」と聞いたときは
「もちろんです^^」


後日
「カタログを見ていただいて 革のものをオーダーで作り出しました」
「へぇ! こういうものって作ってもらえますか?」


オーダーの参考にしていただくカタログを見せると
「marbleのお客さん 革のもの好きな方多いと思いますよ。
 よかったらうちにも置いてみませんか?^^」

てな具合で置かせていただくことに。


品の良い 居心地よいサービス
本当にお客さん 相手のことを思う接客ってなかなかないと思う。
一人ひとりの貴重な時間をとても大切にしてくれる。
だからこそ
リピーター率は間違いなく高いお店。
口コミでやっていけるお店。
(私が最初に見たのはオープンしたての広告だったそうで
それ以降 広告を出していないそう)


価格競争の激しいこの時代に
「値段は下げない。
 付加価値を上げて
 喜んでもらえる
 お客さんの元気がでる きれいになるサービスをする」


子育てについては
「(娘は)自分の背中を見て育ってくれたら
それでいいと思ってます」
っていう
かなり有言実行
ちょっと男気ある
かっこいいHさん。


生まれもっての幸せキャラスタッフ Iさんには
とても極上のヘッドスパ+マッサージをしてもらえます。
姉妹かというHさん×Iさんのボケツッコミも
かなりのもの。


癒しとエナジーチャージだけでなく 
子育て
仕事
サービス
ブランド力を上げるためにも
これからも見習いたくて 通う私。


Cajon

Cajon


Cajonさんの牛乳パックポーチを
愛用してます。
中にはキャンディやリップ 小さな鏡。
ついあれこれ入れてしまって たまに出しにくくなってしまうけど(おい^^;!)
毎日カバンの中に転がっている姿は
愛らしく 楽しい 手放せない友達。


リネンが大好きで
「ナチュラル」の括りにおさまらない
モチーフ使いやステッチ 色使いは
新しい毎日を楽しんでいる彼女の分身のよう^^



Cajon(カホン)かおりちゃんとは 上の子妊娠中以来のご縁。


打楽器奏者でもある彼女は感性豊か 多彩・・・
個展でCajonという木箱のような楽器を即興で叩くリズムに
オリジナルの原点を感じた。

 
その行動力と持続力のたくましいこと!
2年前彼女がワンデーショップすることを思い立ち
私もその勢いに乗っからせてもらって 今の仕事を始めることになった。
一緒にHand+Someというグループを作ったのだけど
自分の作品をどんどん作るだけでなく
木工 布 ステンド 編み物 消しゴムハンコ アクセサリー・・・と
いろんな素材を扱うメンバーに声をかけ
束ねる細やかさ 柔軟さとリーダーシップって本当にすごいなって思う。


これまで私がブログをせず
出自不明者でありながらも;
多くのご縁に恵まれてきたのは ほとんどかおりちゃんのおかげで。
私の作品をこまめにブログで宣伝してくれてきたおかげで
時には県外からも「Cajonさんのブログで(Piselli作品を)見たのですが・・・」
とのお問い合わせがあり
いつでも喜んで取り次いでくれた。
今お世話になっている委託店さんにも そのご縁がつながっている。
感謝の念にたえません。
 


扱う素材や表現方法 アプローチは全く違うけど
同じ方向を向いていて
話し出したらとまらない
楽しい時も 沈む時も
いつでも共感できる
たいせつな友達。


いつもありがとう!
これからもずっと よろしくね^^



 



LINEN kidsさんとのコラボ 始まりました!

リトアニアリネン糸


LINEN kids広島店さんにて
2種類の財布のパターンオーダーをしていただけることになりました。
財布の形は
アコーディオンのように開く 封筒のようなEnvelope M(画像のチョコ色のもの)と
大きな横長ガマ口のsquare(画像左下のキャメルのもの 隅っこで画像がのびてます;)です。


Piselliは 日本の優れたタンナーに特別に注文した革を使用しています。
経年変化でアメ色になっていく サドルレザー
機械ではなく手もみで自然なシボ加工を施してある
オイルヌメシュリンクレザーのチョコとキャメルの3種類からお選びいただけます。


そしてLINEN kids広島店さんでは
限定のリトアニアリネンのステッチで仕立てます。
その色彩のやわらかで豊かなこと・・・!
これまで様々な糸を試してきましたが
初めて繊細 絶妙な色合いの糸に出会えました。
画像のものと あと
数種類ナチュラルなベージュやグレー系がありました。
これらを撚って 蝋引きして毛羽立ちをおさえてより丈夫に
縫いやすくして使います。


コラボ第一弾はEnvelope Mをキャメル革とパープルステッチで。
Envelope M
Envelope Mはがばっと開いてお札 硬貨 カード全てを見渡しやすく
たくさん収納できるようにと考えた形です。
基本はカードポケット4ヶ所のタイプ。
お好みでカードポケットを+4枚分 +8枚分・・・と増やすことができます。
(私はカードポケットではないところにも ガバガバと入れられるので
いれちゃっていますが;)


DSC01784.jpg
こちらががま口型squareの中。
お札とカードはもちろん
硬貨もザザザっと手前に寄せて出しやすくしています。


またPiselliは独自の刻印技術で
どのような書体・オリジナルロゴも
低価格にてお入れするサービスもしております。
贈り物にとても喜ばれます。



レザーもリネンも使うほどに味が出るもの。
こんなコラボが実現してとてもうれしいです^^


子どもへの愛情から生まれたLINEN kidsさんの
子どものリネン服 リネングッズ カラフルな生地 
素朴であたたかな木製品
リトアニアのやさしいリネンやウールを使ったブランド Snoberryなど
店内は心惹かれるものばかり・・・

ぜひLINEN kids広島店さん 訪ねてみてくださいね!

野花がかわいい

菜の花


週末はよく夫の実家で過ごす。


自分たちが食べるだけのお米と
義母が野菜や花をたくさん育てているので
安全でおいしいものを食べられる。

3.11をきっかけに 
これは本当に贅沢なことだなって思う。


所狭しとひしめき合うような
野菜と花は おしゃれな田舎暮らしとは
程遠い雰囲気だけど
収穫だけの楽しい作業は いつも新鮮。


わざわざ種を撒いた花もきれいだけど
こんな 生えっぱなしのカブから伸びた野花が
かわいくて好き。

久々の乾杯

記念盃


夜 子どもが寝た後は貴重な作業時間で
お酒を飲むことはめっきり少なくなった。


3月9日は結婚記念日 今日で9周年。
久々に二人で乾杯。

家族みんなが元気で過ごせている
それが何より幸せなことだ。



夫は奔放に生まれ育った人で
結婚した当初 私はよく非常識だと腹を立てていたけど
そんな彼と結婚した私も
今の仕事を志している私も
全く常識的じゃないと今思う^^;


こんな私をおおらかに見守り 
サポートしてくれる夫に感謝。


これからも
非常識でも
良識と感謝の気持ちを大切にする家族でありたい。


------
写真

2003年 結婚した年の
奈良の陶芸家 松元洋一先生の 盃(はい)


姉が陶芸をしている関係で
以来ご縁をいただくことに。

ただの酒好きの若造(?)だった私には
もったいない品だった。


松元先生の盃がすばらしいのは
美しい色形だけでなく味。
盃を口にしたとき
舌の甘みを感じる部分にお酒が入っていくよう
形を作られているのだそうだ。

ヘリの反り返ったお猪口と この盃で飲むのとでは
同じお酒も全く味が違う。


以来私も旦那も 先生の酒器のとりこに。



ひっそりと

ぺんぺん草


ブログをはじめました。

広島のPiselliです。


『しっとり くったり 手のひらに ごほうび』をコンセプトに
天然素材を愛し 楽しむ方に
心と身体にやさしいヌメ革製品をご提案しています。


仕事を始めてまだ2年ですが
たくさんの方とのご縁に恵まれ
今の私につながっています。
いつも支えてくださる方々に 心から感謝いたします。


レザーの仕事をするのは
私にとって大きな挑戦です。
一つの道を続けることで
これからも多くのことを学びたい。


決してまめでなく
発信に積極的でない私がブログを始めたのも
仕事を通して
少しずつまめになる
続けることを大切にしてみようという思いから。


これまでは
お世話になっている方のブログや口コミで
宣伝していただくばかりでした。
そのため
「イベントの時のカタログみたいに
ブログやHPでも オーダーしたい時に作品を見られたらいいな」
といったお言葉をいただいていました。


このブログでは
作品とともに
衣食住 くらしに心地いいもの
私が大切に思うものを
少しずつ書きとめようと思います。
(8割がた食かも 笑)


そうして
ぼんやりと Piselliの色合いが
みなさんに伝わればいいなと思います。


またご覧になった方で
こんなものがある と逆に教えていただける場になると
うれしいです。
 

よろしくお願いします^^
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Piselli(ピセッリ)

Author:Piselli(ピセッリ)
Piselli LEATHER WORKS


Piselli ホームページ
https://piselli-hiroshima.jimdo.com/

 
『しっとり くったり
 手のひらに ごほうび』


わたしサイズ わたし仕様の
心地よいものと ゆっくり暮らす

そんな暮らしに寄り添う
手縫いのヌメ革製品を
お届けしています


既成書体の文字から
直筆の文字や絵 ロゴまで
どのようなデザインも
独自の刻印技術により
刻印することができ
贈り物や記念に喜ばれています


---


現在のお取扱店さま

used select shop RiCKLE! さま
(委託商品・オーダー受付・サンプル)

zakka koppe さま
(委託商品)


---

ご注文について

打ち合わせにて お客さまのご希望のイメージ サイズ 機能などをお伺いして デザインいたします。
作りやステッチの量 染めの有無などによって 価格が変わりますので その都度お見積りいたします。
オーダーの流れについてはこちらをご覧ください

名刺入れ 10,000円~
長財布 35,000円~

---

商品やご注文についてのお問い合わせは 下記メールフォームよりお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。