≫未分類

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい顔

15801177_1158262720961219_1510469870_n1.jpg

used select shop RiCKLE! さまにて


以前オーダーで作った形の名刺入れを
新しいラインナップとしてご用意しました。
するするとした丸い角っこが好きです。


15782664_1158261420961349_930129385_n1.jpg

IMG_25271.jpg

15319524_1132511820202976_1304030862_n[1]1

すでにお嫁に行った子達ですが
最高に気持ちの良いお店に置いていただいて
とってもいい顔してたなと振り返ります。


いつもありがとうございます。


------------------------

しっとり くったり 手のひらに ごほうび

Piselli LEATHER WORKS
スポンサーサイト

青という色

IMG_20301.jpg


多種多様な色 それぞれに名前がつけられていている中
これほど世にない色はないと知った青
イヴ・クラインブルー。


以下ウィキペディアより


 「青」を宇宙の神秘的なエネルギーに通じる
 最も非物質的で抽象的な色だとして重用し
 自ら理想的な顔料を開発した。 
 1957年に、黄金よりも高貴な青
 「インターナショナル・クライン・ブルー」
 (International Klein Blue, IKB)と呼ばれる
 深い青色の特許を取得



実際の作品をこの目で見たことはないですが
赤を発するような青。


大学院生になられる読書家の姪っ子さんに
イブ・クラインブルーのステッチを施した
黒革のブックカバーと栞を贈りたいとのご依頼。
最初あまり難しく考えずに
あー はいはい!とお返事したものの
取り掛かり始めて困り果てることに。


あらゆる糸を用意してブレンドしたりも程遠く
いよいよこれなら!と見つけた色も黒い革の上では
まるでイブ・クラインブルーには見えず
途方にくれながら 染色の末 何とかできました。
黒にはっきりの浮かび上がる青。
残念ながらこの写真ではまったく青っぷりが伝わりませんが…



そして
春から社会人になられる甥っ子さんにはボックスコインケースを。


IMG_20441.jpg


身近で長い付き合いのある方には革の贈り物をなさっていて
年の離れた甥っ子さんは
小学校卒業の際に贈られたブランドの革財布を
ずっと大切に愛用され
今とてもお似合いになられたそうで。


あえて少し背伸びな物 
いつか訪れる「気づき」を贈られる 
素敵な大人の方の想い
とても素敵だなぁと思いました。


IMG_20401.jpg


お二人のどちらのお名前もフランス語で刻印。


贈り物にお声かけくださりどうもありがとうございました。
いつも
いつも
いつも
新たな視点をいただいています。


------------------------

しっとり くったり 手のひらに ごほうび


Piselli  LEATHER  WORKS  

慎ましく

gantan.jpg


明けましておめでとうございます


ようやく自宅に帰ってきました。
親戚と過ごす年末年始は
慌ただしくも
炊事 洗濯 子どもの相手…と
常に誰かができて
補完される心地よさに満ちていました。


毎日 毎食 いつもよりゆっくりと
大勢で食べて 飲んで 笑って
いろんなお話をしながら
大家族っていいもんだ!と思った
とても楽しいお正月でした。


そして久しぶりの自宅で
いつも通りの質素な朝ご飯も
それはそれでとても落ち着いて良かった。


日常と たまに楽しいひとときとを
行き来しながら
今年も小さなことを大切に
慎ましく過ごしたいです。


身近な大切な人
自分の足元にあるたくさんのことに気を留めて
日本でも 世界でも
自然の理に沿った暮らしが営まれていきますように。


みなさまにとって
素晴らしい一年となりますように。


今年もどうぞよろしくお願いいたします。


---


両親から子どもに届いた年賀状
私的ヒット。
最初右から読んで意味がわからなかった 笑


card.jpg


------------------------

しっとり くったり 手のひらに ごほうび


Piselli  LEATHER  WORKS  

しめくくり

今年も残すところ あと2日となりました。
書きたいこと 新しい作品が色々ありますが
また年明けに。


今年のテーマ
土と根


仕事に家庭に 交友関係に
じっくりと根を張り
またそれを包む土になれるように
という思いをもって過ごすことでしたが
ようやく自分の中で
これを核に生きていきたいというものに
出会うことができ
生活から仕事までが同じ基盤の上に
気持よく行えるようになりました。


おかげさまで今年もたくさんの出会いに恵まれました。
それは何より
お世話になっているお客さま
また
日々新しい発見をご提案しつづけていらっしゃる
used select shop RiCKLE!さま
zakka koppeさまのご尽力のおかげさまだと
つくづく感じております。
本当に素晴らしい一年をいただき
どうもありがとうございました。


また来年からも
ゆっくりとした私のペースではありますが
お客さま方 お店の方々に 身近な方々に
しっかりと貢献し 還元していけるよう
日々の暮らしを丁寧に過ごして行きたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


みなさまもお元気で
良い一年をお迎えください。


------------------------

しっとり くったり 手のひらに ごほうび


Piselli  LEATHER  WORKS  

続きを読む

あめつゆがごとく

IMG_1634.jpg


いつもお世話になっている
山本の RiCKLE!さまの中に花屋さんができました。
Botanico 笠置さんが手がけられる

『花根商 あめつゆがごとく』
http://jorro16.tumblr.com/


「じょうろ」って 元はポルトガル語で
外来語として入ってきたそのものに
当時の日本人は「如雨露」(雨露が如く)と
文字をあてはめたのだそう。
何という情緒溢れる感性。


贈り物や ちょっとした手土産を用意したい時
いかにも花屋さんらしい花ではなく
野原で心を込めて摘んであげたような花束を手に
出かけられるようになって すごくうれしい。
普段は簡単に洋紙を巻くだけだけど
有料でどこにもないラッピングもしていただけるそう。
先日は 男性が彼女にプレゼントしていて
うれしそうな彼女さんもお花も とってもかわいかった!


IMG_1666.jpg


敬老の日や食事会に
毎年送っている花束。
「The花束」的な絢爛な花は心にとまらない気がして
笠置さんに
「フランス小菊を中心に
野原で摘んで来たような花束」とお願いを。


初めて思い通りを伝えられた
応えていただけた 想像以上の花束。
市内での待ち合わせ 受け渡しは
私がもらったみたいで
すごくうれしかった!
(そういうシチュエーションが
まずないですからね)


IMG_1962.jpg


八重の紫陽花をドライにしたもの。
グラデーションがなんとも言えない。


どこにも売っていないお花があるお店。
花遊びやドライアレンジのワークショップもされてます。
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
プロフィール

Piselli(ピセッリ)

Author:Piselli(ピセッリ)
Piselli LEATHER WORKS


Piselli ホームページ
https://piselli-hiroshima.jimdo.com/

 
『しっとり くったり
 手のひらに ごほうび』


わたしサイズ わたし仕様の
心地よいものと ゆっくり暮らす

そんな暮らしに寄り添う
手縫いのヌメ革製品を
お届けしています


既成書体の文字から
直筆の文字や絵 ロゴまで
どのようなデザインも
独自の刻印技術により
刻印することができ
贈り物や記念に喜ばれています


---


現在のお取扱店さま

used select shop RiCKLE! さま
(委託商品・オーダー受付・サンプル)

zakka koppe さま
(委託商品)


---

ご注文について

打ち合わせにて お客さまのご希望のイメージ サイズ 機能などをお伺いして デザインいたします。
作りやステッチの量 染めの有無などによって 価格が変わりますので その都度お見積りいたします。
オーダーの流れについてはこちらをご覧ください

名刺入れ 10,000円~
長財布 35,000円~

---

商品やご注文についてのお問い合わせは 下記メールフォームよりお願いいたします。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新記事
リンク
月別アーカイブ
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。